• コンセプト・院長紹介
  • 医院紹介
  • アクセス

インプラント・口腔外科

インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラント治療とは、失ってしまった自分の歯の代わりに、チタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上にセラミック製の人工歯を被せて咬み合わせを回復する治療法です。人工歯根は顎の骨に直接固定されるため安定性があり、まるで自分の歯のような咬み心地を実現します。

インプラント治療直後は、慣れるまで多少違和感を覚えることもありますが、一定期間を過ぎれば、天然歯と変わらない咬合機能が回復します。人がものを咬むときの力は、想像以上に大きいものですが、インプラントは天然歯と変わらぬ機能が手に入ります。

また、人工歯には天然歯に近い特徴を持つセラミックなどの素材を用いるため、天然歯と区別が付かないほど自然な見た目を再現できます。

治療の流れ

1.カウンセリング

レントゲン撮影など十分な診査の後、インプラント治療に関する説明を行います。インプラント治療は専門のトレーニングを積んだ歯科医師のみが行いますので、安心して治療にお臨みください。綿密な診断にもとづいた治療計画を立てた上で、患者様に合わせた治療を進めていきます。

2.インプラント埋入

局所麻酔の後、顎の骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋入します。このインプラントが新しい歯の土台となります。

3.治療期間

インプラントと骨が結合し安定するまで5~10週間待ちます(骨の状態などさまざまな条件によって期間が異なります)。この間は、仮歯を使用します。

4.アバットメント連結

インプラントが完全に顎の骨と結合したら、アバットメントを連結します。その後、歯肉が治癒するまで、1~6週間待ちます(治癒期間には個人差があります)。

5.歯の装着

インプラントのヘッドに人工歯を装着します。これでインプラント治療は終了です。インプラントをいつまでも長持ちさせるためには、治療終了後の定期検診とご自身によるアフターケアが大切です。

インプラントのメリット

  • 一つひとつの人工歯を取り付ける代わりに、固定式の入れ歯を入れることができます。
  • 取り外し式の入れ歯でもインプラントにしっかり固定されるため、通常の入れ歯のようなズレや食べカスが入ったときの痛みなどはありません。
  • インプラントによる入れ歯なら、天然歯とほとんど同じ感覚で咬めます。
  • 自然な外観や表情を取り戻すことができ、人前で話すことに自信が持てます。
  • 咬む機能が回復することで食べものの制限がなくなり、バランスのよい食事が楽しめます。

無痛治療で気持ちをリラックス

インプラント治療には外科手術をともなうため、麻酔が必要になります。一般的な局所麻酔では痛みは感じなくなるものの、意識ははっきりしたままで周囲の音も聞こえます。そのため恐怖心は消えず、余計に緊張してしまうこともあるのです。

当院では、安全な歯科医療を提供し、いつも患者様に安心と満足をお届けしたいと考えます。そこで、治療に対する恐怖心を拭い去るために笑気吸入鎮静法を採り入れた無痛治療をご提案しています。

口腔外科とは

虫歯や歯周病といった歯の病気の治療以外に、例えば歯や歯ぐき、舌や唇、頬や顎など、口腔内外の部位の治療を扱います。

治療内容

「口腔外科」とひと口にいっても、実はその治療内容は幅広いものです。当院の口腔外科では、以下のような治療を行っています。

治療内容

症例数の多い親知らずの抜歯のほか、インプラント治療など、口腔内全般の治療を行います。気になる症状がある方は、口腔外科までご相談ください。