• コンセプト・院長紹介
  • 医院紹介
  • アクセス

歯周病・無痛治療

歯周病について

歯周病の原因

歯周病の原因

歯を失う原因としてもっとも多いのが歯周病といわれています。歯周病は、歯周病菌の増殖や全身疾患による免疫力の低下、乱れた歯ならび、不衛生な口腔内環境といった要因が重なると発症します。自覚症状のないまま進行するため、予防が必要です。

レーザーを使った歯周病治療

レーザーを使った歯周病治療

歯周病疾患の患者様にはおもに PMTCを採用しますが、症状によっては痛みをともなうため、苦手意識を持ってしまう方もいらっしゃいます。そこで、痛みや心理的なストレスを少しでも和らげるために、当院ではレーザーを使った歯周病治療も行っています。レーザーは、麻酔を使わず治療ができる上に止血効果があるため、患者様の負担を最小限に、スピーディーな治療ができます。

早期治療・早期発見がカギ

初期段階の歯周病は自覚症状がないため、進行に気付かないことがあります。気付いたときには手遅れ……ということがないよう、毎日のセルフケアに加え、歯科医院での予防ケアを受診して、早期発見・早期治療に努めましょう。

当院の無痛治療について

当院では、より快適に歯科治療を受診していただけるよう、「笑気吸入鎮静法」「レーザー治療器」を用いた無痛治療をおすすめしています。

笑気吸入鎮静法

笑気吸入鎮静法

「治療が怖い」「人より恐怖心が強い」という方には、笑気ガスを使った「笑気吸入鎮静法」を行っています。笑気ガスを鼻から吸入するだけで、すぐに心地よいリラックスした状態になり、治療に対する恐怖心が和ぎます。

レーザー治療器

レーザー治療は、現在さまざまな医療現場で役立てられています。レーザー光線を使って治療時の痛みや出血を最小限に抑えられることが大きなメリットで、ペースメーカーを使用中の方や妊娠中の方でも安全に使用できます。

3MIX法

3MIX法は、歯を削る量を最小限にとどめ、薬剤を使って虫歯を無菌化していく虫歯治療法です。3MIX法であれば、神経に達する虫歯であっても、神経を抜かずに治療できるケースが増えています。神経を抜くことは歯の寿命を縮めることにもつながるため、画期的な虫歯治療法として注目されています。